ダイビング馬鹿一代

ダイビング・テニス、その他もろもろの雑記帳。

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20051220123720.jpg



ハタタテダイ 和名
Heniochus acuminatus (Linnaeus, 1758) 学名
Long-Fin bannerfish, Pennant coralfish 英名
スズキ目-チョウチョウウオ科-ハタタテダイ属 分類
GBR、インド洋、中・西・南部太平洋の珊瑚礁域 分布
撮影地:ビヤドゥ(モルジブ)


ムレハタタテダイと瓜二つです。それもそのはず、以前は同一の種として扱われていました。違いとしては、こちらは背鰭の棘が11本で、ムレハタタテダイの方は12本なのですが、ダイビング中はもちろん、こうして写真にとっても数えられるようなものではありません。名前からすると、ムレハタタテダイは群れを作って、こちらは単独で見られそうに思えますが、ハタタテダイも群れをつくることがあります。ダイビング中での見分け方は、数匹で珊瑚礁や岩の周りにいたらハタタテダイ。珊瑚礁外部に群れを作って中層を泳いでいたらムレハタタテダイとした方が簡単なようです。あとは、ハタタテダイの方が吻が少し尖がっています。


クリックしてランキングUP!
スポンサーサイト
20051204223046.jpg


ツノダシZanclus cornutus ツノダシ科

ニモでは水槽の中のボス、ギルとして出てきました。
浅いサンゴ群落や岩礁域で見られる。体色は白黒黄色の太い横縞模様。背ビレが長く伸びることでよく似ているチョウチョウウオ科のハタタテダイ類とは尾鰭が黒いことで簡単に区別できる。1~数個体で行動する。和名にある角は、眼の前に小さなものが生えている。全長25cmになる。
isidai.jpg


イシダイ Oplegnathus fasciatus (Temminck and Shlegel) スズキ目スズキ亜目イシダイ科イシダイ属 

大きく成長すると全身が薄い灰色っぽくなり口の周りだけが黒くなる。それで大形のものを「くちぐろ」などと呼ぶ。イシガキダイが白くなるのと対照的。幼魚を三番叟(さんばそう)とも言う。(写真は幼魚です。)

※ちょっとマメ知識※

このイシダイの縞は縦縞か横縞か?
答えは横縞です。魚を縦にして、頭に対して縦か横かを判別するそうです。
ふ~ん、なるほど!

もし参考になったらクリックしてください!ランキングUPの為に頑張ります!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。