ダイビング馬鹿一代

ダイビング・テニス、その他もろもろの雑記帳。

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約 (にほんこくとだいかんみんこくとのあいだのきほんかんけいにかんするじょうやく) 。
1965年(昭和40年)6月22日、日本と大韓民国との間で結ばれた。
通称日韓基本条約。

見解の相違について

条約は7条からなる。第2条では、両国は日韓併合(1910年)以前に朝鮮、大韓帝国との間で結んだ条約(1910年(明治43年)に結ばれた日韓併合条約など日韓条約の破棄)のすべてを放棄することを確認し、第3条では日本は韓国が朝鮮半島を代表する唯一の国家であることを確認し、国交を正常化した。

この条約によって国交正常化した結果、日本は韓国に対して多額の政府開発援助(ODA)を行い、韓国はその資金を元に『漢江の奇跡』と呼ばれる経済発展を遂げた。

しかしながら条約にある「もはや無効」という文章をめぐり、日韓両国の解釈が異なり日韓併合条約などの当時としての合法性をめぐって論議が絶えない。ちなみに韓国側は「もはや」にあたる朝鮮語を、両国で結んだ条約が条約締結当時にさかのぼり条約自体が最初から無効であったという解釈をしているのに対し、日本側は本条約の締結により過去の条約は無効になったという解釈をしている。

この見解の相違(と言うよりは韓国側の屁理屈に思えるが)により、対日戦勝国として戦争賠償金を求める韓国に対し、日本は合法的に韓国を併合していたため、韓国に対して国家賠償をする立場にないと主張するという事態が起きている。つまり韓国側の主張は、日韓併合条約自体が無効だったのであるから、併合という歴史的事実はなかったという事。だから韓国は戦勝国である、と。

続きは次回以降。


⇒Ranking!クリックお願いします!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。